総量規制には注意が必要

消費者金融でお金を借りる際に注意が必要なのが総量規制です。総量規制というものは、貸金業法の下でお金を貸している業者が適用される法律のため、消費者金融だけでなくクレジットカードのキャッシング枠の利用でも適用されてしまいます。

初めて消費者金融を利用する人の場合でもクレジットカードのキャッシングを利用していた場合、審査を通らないという可能性が出てきてしまいます。これは意外と知らない人が多いようなので、新たにカードローンの申し込みをする場合には確認しておく必要があります。

基本的に総量規制では年収の三分の一以上の貸付を禁止していますから、年収が300万円程度の人は100万円までしかお金を借りることができないと言うことになります。

キャッシングで30万円の利用がある場合には、70万円を越える融資は申し込みしても却下されてしまうことになります。

総量規制という名前の通り全ての業者からの合計金額が対象となるため、複数のクレジットカードのキャッシングを利用していた場合には更に借りることが出来る額が少なくなると言うことです。もしすでに年収の三分の一近くの借り入れがある場合には、残り10万円の借り入れが出来たとしても金融業者側は審査を通さない場合も多いようですから注意が必要でしょう。

関連記事

    低金利になるならどんどん利用した方がいい

    のりかえローンは、別名借り換えローンとも言われている物であり、これを利用することによって別の会社に変更することが可能です。通常は完済するまでは会社を変更することが出来ないのですが、ローンとして別の会社から借りることで完済し、後は借りた会社に返済するという方法が利用できます。 この方法を有... 記事を読む

    消費者金融の顔の見える接客に安心しました

    初めてキャッシングした際に消費者金融に申し込んだんですが、今時珍しいと思われる窓口でのキャッシングでした。 私的には全て電話で契約が終わると思っていたので、窓口まで行く事になった衝撃は、未だ他の会社のキャッシングでは経験したことのない事で、家族や友人の間で語り継がれている話です。 ... 記事を読む

    パート・アルバイトの人は、消費者金融からの融資に期待をしない

    近年の消費者金融などは、定職にある方以外であっても利用することが可能となっています。 その対象となるのが、パート・アルバイトなどの収入が一定ではない人達で、世の中は正社員ばかりではないので顧客の裾野を広げるためには、対象となるのが遅いか早いかの違いです。 学生や主婦といった人達は、... 記事を読む

このページの先頭へ